研究者の仕事術

実践と研究の両輪を回す実践的研究者の仕事のつくり方

yamanaka2

好奇心と観察から創られる未来。

山中 俊治(デザイン・エンジニアリング)

慶應義塾大学政策・メディア研究科教授 (※現在は東京大学生産技術研究所教授)

LEADING EDGE DESIGN代表

Home

top

© 2016 研究者の仕事術. All Rights Reserved.